精力アップ促進サイト

ミネラルと体の深い関係

もう年だから…とあきらめるしかない・・?
いいえ!精力・活力サプリメントはこれ!

14日間の全額返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!


不足してる?過剰気味?5分で分かる、ミネラルのあれこれ

ミネラルは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素の一つです。
体の中では作ることができないので、食材から補っていく必要があります。

 

人間の身体を構成するうえで、ミネラルが占めるのはわずか4%。
しかしそのわずかな量のバランスが、あなたの命を支えています。

 

欠乏はもちろん、過剰摂取も体に悪影響を与えるので注意が必要です。

 

え、何それ?知られていないミネラルたち

 

人の体は、以下の4つ元素で全体の約96%ができています。
「ミネラル」とは、この残りの4%にあたる元素の総称です。

  1. 炭素(C)
  2. 水素(H)
  3. 酸素(O)
  4. 窒素(N)

 

体内のミネラルの半分は、骨を構成するカルシウムです。
不足すると骨粗しょう症などを引き起こすのは、あなたもよくご存じだと思います。
その他マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、ナトリウムはよく聞くミネラルですよね。

 

しかし、人間に必須のミネラルは全部で16種類。
あなたはすべて言えますか?

 

すでに出た6つの他に、
銅、クロム、リン、マンガン、コバルト、硫黄、塩素、ヨウ素、セレン、モリブデン
があります。

 

科学の元素周期表でしか見たことのないような元素までもが、実は人体に必要なのです。

 

これら以外の元素も、今後の研究次第で必須ミネラルに数えられるかもしれません。
バナジウム、ニッケル、ゲルマニウムなどです。

 

人体を構成する4%の中には、これだけ多くのミネラルが含まれています。
当然バランスは非常に繊細です。
ちょっとしたことで、簡単に崩れてしまいます。

 

注意!種類によって不足したり摂りすぎたり

 

現代の日本人は、慢性的にミネラル不足だと言われています。
特にカルシウムの目標摂取量は、ここ30年間一度もクリアしていないそうです。
カルシウムに加えてマグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛は特に不足しやすいです。

 

  • 足がつりやすい
  • 手足のむくみが気になる
  • 肩こりや冷え性がつらい
  • 二日酔いによくなる

こういった方は、ミネラル不足を疑ってみてください。

 

逆に過剰摂取しがちなのがナトリウムとリンです。
ナトリウムは食塩のことです。
体内の水分量を調整していますが、摂りすぎると高血圧を招きます。

 

加工食品に使われる食品添加物に多く含まれているのがリン。
これにより許容量を大きく超えて摂取しがちです。

 

カルシウムと共に骨を強くする働きをしていますが、
過剰症を起こすと骨の中のカルシウムを追い出し、かえって骨を弱くしてしまいます。

 

不足に注意しつつ、散りすぎにも気を付けないといけません。
このバランスを保つのはなかなか難しいですね。

 

食生活の見直しだけでは難しい?

 

ミネラルが豊富な食材は、テレビなどで度々紹介されています。

 

代表的なのは昆布、ワカメ、ひじきなどの海藻類。
ミネラルの宝庫と言われ、アミノ酸やビタミンも多く含む健康食材です。

 

キノコ類も優秀です。
特に、余分なナトリウムの排出を促すカリウムが豊富に含まれています。

 

そして緑黄色野菜、魚介類、大豆製品などもこまめに食べましょう。
健康に良いとされる食材は、やはりそれだけの理由があるということですね。

 

ミネラル

 

しかし調理時には注意が必要です。
煮たり揚げたりすると、食材中のミネラルが水や油に溶け出してしまうからです。

 

汁ごと食べられる煮込み、蒸し物、揚げ焼きにするなど、
なるべく無駄を出さない調理法を心がけてください。

 

とは言えこれらを完璧に実践するのは難しいです。
なのでミネラルを直接摂取できるサプリメントで補助するのも効果的だと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ クラチャイダムゴールド体験記 精力増強にはアルギニン! ペニス増大トレーニング